元サラリーマンの店長がやってるお店のブログ

広島人妻デリヘル『人妻同窓会』の店長ブログ
2018/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2018/08

野望

面白い記事が出てました。
ファッションサイト「ZOZO TOWN」等を運営している前澤社長が、ツイッターでプロ野球球団を持ちたいという願望をつぶやき、シーズンオフにも球界へ提案するプランをつくるそうです。

今現在も千葉ロッテの本拠地にネーミングライツを取得して「ZOZOマリンスタジアム」となっており、もし買収となれば千葉ロッテが有力だと思います。

もともと千葉ロッテには身売り話の噂も多くありますので現実味もある様には思うのですが、そう簡単な事ではないですが面白いですね。

最近はソフトバンクや楽天やDeNA等のIT系会社が球団運営して、ファン目線の視点に立った取り組み強化で観客動員数も伸びており以前よりは新規参入がしやすくなってるのも追い風になりそうです。

日本はプロ野球球団をもっと増やすべきですよね。
沖縄や四国・北陸・東海など4球団ほど増やせばもっと盛り上がると思うのですが。

いずれにしても今回の件がどの様に進展していくのかとても興味があります。

男気

元カープの黒田博樹さんが

広島県に西日本豪雨災害の義援金として
1000万円を寄付。

4年前の安佐南区の災害の時も現地に駆けつけてくれた事は
広島市民は忘れてないです。

広島に恩返ししてくれてます。

漢だね~

打ち上げ失敗

朝から衝撃的な映像を観てしまいました。

あの堀江さんのチームが開発した民間の小型
ロケットが打ち上げ直後に落下、炎上して
しまいました。
たくさんのメディアや多くの観覧に来てた人達も
一瞬の出来事に言葉を失いました。

まずは怪我人がいなくて何よりでした。

堀江さんの事ですから今回の打ち上げ失敗で
へこたれることは無いと思いますが、資金的には
厳しくなる事でしょう。

でも、そもそも宇宙開発事業なんて採算性を
考えたら取り組める様な事業ではないので
想定の範囲内なのかもしれないです。

あのスペースXもかつては失敗の連続だったはずです。

堀江さんが関わってる事で小型ロケット事業が
世間で大注目されてる訳ですから、これも堀江さん
自身のブランディングを高める事に成功してますよね。

堀江さんは日頃から色々な物議を醸し出す人なので
好き嫌いがはっきりと分かれる方ですが今回については
応援コメントや失敗を前向きに捉える意見が多いですね。

堀江さんにはこの民間小型ロケット開発については
これからも頑張ってほしいです。

「チャレンジ無くして成功なし」

私達スタッフもお客様にお店をご利用頂ける様
接客の強化や楽しい企画を考えていきたいと思います。

おめでとうございます

日本がポーランドに負けたけど予選突破しました!!
フェアプレーポイントって初めて聞いたけど
その差で突破できたなんて日本らしくていいじゃないですか(笑)

色々な意見はあると思いますが、大会前は3戦全敗で
予選敗退濃厚と言われてたのに、全てランクが各上の
チーム相手に決勝トーナメント進出とは大したものです。

とにかくまだ日本のワールドカップが終わらない事が
嬉しいです。

訪れるべき場所

外国人に人気の観光スポット最新ランキングが発表になり
1位は5年連続で京都の『伏見稲荷大社』に決まりました。

ココは私も今年に行ったのですが赤い千本の鳥居が神秘的です。
外国人がとにかく多かったです。

ここが1位なのはきっと「入場料金無料」と「24時間参拝可能」
この2点が大きい理由だと思います。

でも今日の話題はそれではなくて2位と3位に広島のスポットが入った
事です。

2位 広島平和記念資料館(原爆ドーム)
日本人なら一生の内に必ず訪れるべきです。
オバマ前大統領が来てから海外からの旅行者が増えたみたいですね。
私も仕事で周辺を車で移動するのですが、本当に海外の方が多いです。

3位 宮島
島全体がパワースポットです。
フェリーに乗って鳥居が見えてくるとゾクゾクします。
私は毎年必ず秋に行ってます。
出来れば一日かけてゆっくり観たい場所です。
県外からの女の子には個人的に一番のオススメスポットです。

東京や京都はもちろん有名ですが欧米系(白人)の方達にとっては「広島」は
超有名で魅力ある街みたいです。

東京や京都はアジア系(中国の方)の人達もとても多いですが、
広島は圧倒的に白人の方が多いのも特徴だと思います。

特に平和祈念資料館や原爆ドームは必ず訪れるべき場所と
認識されてるみたいです。
本当は日本人こそが、もっとそういう認識を持つべきだと思うのですが…


オフィシャルサイト

オフィシャル求人サイト

オフィシャル求人ブログ