元サラリーマンの店長がやってるお店のブログ

広島人妻デリヘル『人妻同窓会』の店長ブログ
2018/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2018/11

メガネが欠かせない毎日

私は目が悪くメガネが欠かせない生活です。

マイメガネを3本所有してるのですが特に気にってる1本を最近はずっと掛けてます。


最近の出来事

仕事で日報を見たり書いたり、スマホ着信の電話番号を見ようとしたら近くがぼやけて見えにくくなりました。

メガネを外すとハッキリと見えるのに。

そんな状態で仕事を続けていたのですが、あまりに目の疲れや肩こりが激しくなり…

そんな症状がずっと続いたので行きつけのメガネ屋に行って担当者にその話をすると…




加齢による『老眼』だと思います。



(´;ω;`)ウッ…



年齢も年齢なので当たり前の事だとは思いますが、いざ自分が『老眼』なんだと思うと何かショックでした(笑)


自分もそういう歳になったんだなと
しみじと感じました。


気を取り直して、このお気に入りのメガネにレンズを遠近両用メガネに替えました。

今は近くも遠くも良く見える様になり快適に過ごせる様になりました。

しかし今までのレンズに比べて随分と料金が高くなりました。


とりあえずは他の2本のメガネのレンズ交換は後回しにします。

私がお店を始めた理由⑦

私がお店を始めた理由⑦

~事務所の開設~

まずお店を開業する際に一番の難関は事務所兼女の子の待機場所になる物件を探す事でした。

と言うのも物件自体はすぐに探せるのですが、一番の問題は事務所を開設するには物件オーナーの『使用承諾書』なる物が必要となります。

つまりは「ココを風俗店の事務所として認めますよ」との書面が必要だという事です。

『使用承諾書』はデリヘル開業を警察に届け出る際に必ず必要となり、せっかく事務所を開設しても『使用承諾書』がなければ警察で届出書が受理されません。

実はこの事は事前に聞いてはいたのですが、日々の準備に追われて物件だけ契約して事務所開設のメドは立ったと思い、次の段階に事を進めてしまっていました。

事務所として使う物件は契約して全ての初期費用まで支払った段階で『使用承諾書』どころか風俗として使用する事すら伝えてないという最悪パターンになってしまいました…


なので不動産屋に本当の事を伝えてオーナーに交渉してもらう以外の方法はなかったので意を決して不動産屋担当者との交渉に挑みました(笑)


結果は


なんとOKが出たのです。

不動産屋の担当者が私の想いを理解してくれてオーナーを説得してくれたのです。

今にして思えばこの時に不動産屋の担当者とじっくり話ができた事で、それ以降で物件関係に関しては何事もスムーズに運ぶので結果的には良かったです。



つづく

もみじ饅頭を超えた?

広島土産の定番と言えば「もみじ饅頭」ですが
最近は今までのもみじ饅頭に比べて新食感の物が人気です。
今までの「もみじ饅頭」に比べて生地がモチモチしてて、とっても美味しいんです。
私的には、このモチモチもみじ饅頭の美味しさを知ってから普通のもみじ饅頭に戻れなくなりました…
有名な物では
にしき堂の「生もにじ」
やまだ屋の「桐葉菓」
そして最近になって、「もみじ饅頭」の雄
大手老舗の藤い屋が満を持して「もみじもち」を発売してきました(笑)
早速知り合いの方が広島駅で購入した物を頂きました。
「美味い」
間違いない商品です。
ここにきて、モチモチもみじ饅頭戦争が熱くなってきました(笑)

私がお店を始めた理由⑥

私がお店を始めた理由⑥

~開店準備~

デリヘル開業と聞いて皆様はどう思われますか?


まず普通の人でも出来るのか?(意味分かりますよね(笑))


お店を開くのに、いくらの資金が必要なのか?


ノウハウが全く分からない


この疑問に対して…

幸いにも私がサラリーマン時代に知り合った税理士さんから現役のデリヘルのオーナーさんを紹介
頂いたので当初の疑問や不安は早い段階で解消でき、早々に開店準備を進める事が出来ました。



デリヘルのお店を立ち上げるのに必要なのは

①事務所

②携帯電話の契約

③パソコンなどの備品関係

④もちろん肝心の車は最初は持ち込み対応です。

⑤営業届出書

簡単に言うろと①~⑤が必要になります。


ココで最初の事務所探しで大きくつまずいてしまいました(泣)



つづく

マイカップ



私は毎日3杯くらいコーヒーを飲むのですが
そのコーヒー用のマイカップです。

以前岡山に行ったときに偶然見つけた超お気に入りの備前焼です。

数年前に偶然通りかかったお店で数ある備前焼の中で一目で気に入り
ずっと手に取っと眺めていると…

若い女性が近寄ってきて「それ、私が焼いたんです」と嬉しそうに話しかけてきました。

たまたま、その日に購入したお店に販促で来てたみたいです。

私も何か縁を感じて購入したという代物なのです。

備前焼の魅力はどれ一つ取っても同じ焼き上がりの物がないのです。
正に世界で一つだけの作品なのです。

だから凄く愛着も湧きます。